そうだ飲みに行こう

バーテンダーのお勉強に…気ままに飲んで気ままに書いて。

西条 酒蔵通り

2018年11月15日

下関遠征の途中で広島県西条市に立ち寄りました。ここは日本三大酒処の一つ。他には兵庫の灘と京都の伏見があります。

f:id:neojaken:20181115224057j:image

これが西条駅!駅撮ってるけど車で来てるので試飲できない(´・ω・`)

駅から少し歩いたところでイベントらしきものが…

f:id:neojaken:20181115224211j:image
f:id:neojaken:20181115224215j:image

こんなん絶対楽しいですやん(*゚∀゚*)

f:id:neojaken:20181115224204j:image

なんでしょうかねぇ、この愛らしいタヌキさんはΣ(-᷅_-᷄๑)

すぐに山口県に行かないといけないので早速酒蔵通りへ!

f:id:neojaken:20181115224548j:image

酒蔵通りは駅の目の前にあります。

f:id:neojaken:20181115224731j:image

酒造は全部で7ヶ所!駅前に固まっているのですぐに廻れそうです。

入ってすぐに酒蔵横丁!小さめの飲食店がいくつかあります。

f:id:neojaken:20181115224910j:image
f:id:neojaken:20181115224917j:image

西条の酒も並んでます♫

f:id:neojaken:20181115225212j:image

酒蔵横丁の向かいには白牡丹が!壁もキレイ(^-^)/

f:id:neojaken:20181115225615j:image

この茶色の煙突は酒米を蒸す工程で使ってたそうで。この辺りはこんな煙突がにょきにょき生えてます!

f:id:neojaken:20181115230152j:image

2ヶ所目は西条鶴!広場が併設されてます。
f:id:neojaken:20181115230145j:image

3ヶ所目は亀齢!中にお土産屋さんもあります。

4ヶ所目は福美人

f:id:neojaken:20181115230602j:image

f:id:neojaken:20181115230546j:image

美人という響きに少し中を拝見(笑)!

f:id:neojaken:20181115230553j:image

美人どころか誰もいませんでしたが(笑)、仕込み水があったので試飲。とっても柔らかい!

f:id:neojaken:20181115230557j:image

歴代総理大臣が記した「國酒」。やはり麻生さんが達筆ですな。

酒処なのにフランスで見慣れた文字が!てっきりこの建物がこの建物がBordeaux なのかと思ったらこの裏の建物のことらしい(笑)!とんでもなく贅沢な広告!

f:id:neojaken:20181115231108j:image

f:id:neojaken:20181115231113j:image

ボルドー」じゃなく「ボルドオ」!こだわりを感じます。

5ヶ所目は賀茂泉

f:id:neojaken:20181115231502j:image
f:id:neojaken:20181115231454j:image
f:id:neojaken:20181115231511j:image

ここにも仕込み水の試飲が。福美人よりやや硬いかなぁ。

6ヶ所目は賀茂鶴

f:id:neojaken:20181115231506j:image
f:id:neojaken:20181115231458j:image

木梨憲武展…うーむ気になるw(*´ω`*)

賀茂鶴はしっかり見学室がありました!

f:id:neojaken:20181115231802j:image
f:id:neojaken:20181115231806j:image

恒例の仕込み水試飲!ここも柔らかいですな!「良かったらお酒の試飲もありますよ!」と言われたけど残念無念、車や(´・ω・`)

f:id:neojaken:20181115231757j:image

精米歩合の比較がありました。初めて見たけどキレイに削るもんですね。32%を見たとき幼稚園で流行ってた「匂い玉」を思い出した!いい匂いがする米粒みたいな玉。あれを持ってるのがステータスで、一粒あげるのが友達の証だったな。

f:id:neojaken:20181115231750j:image

賀茂鶴はしっかりした見学と試飲が出来て満足でしたね!

最後7ヶ所目は山陽鶴

f:id:neojaken:20181115232444j:image

ここは煙突もなく割と地味な印象でした。

f:id:neojaken:20181115232449j:image

すぐ側に井戸もあります。

そして西条駅の反対側にはお酒の神様の松尾神社というのもあります。

f:id:neojaken:20181115232714j:image

ちょうど紅葉も綺麗でした!

f:id:neojaken:20181115232702j:image

しっかりお参りして帰ります⛩

f:id:neojaken:20181115232709j:image

むむむ、またこのタヌキ。街中でもよく見かけます。どうやらこの辺りの民話で、タヌキが和尚の姿に化けて病人にお灸をすえて、そのお礼のお金でお酒を買って飲むのが好きだったそうです。タヌキも惚れ込むほどのお酒ってことですかね!酒処ならでは民話で面白い!

 

急ぎ足で回ったけど、それぞれ個性のある酒造で面白かったです。でもやっぱり飲みたかった(T-T) 次来るときは絶対に自家用車で来ない!!

栄 とと丸

2018年11月10日

松本から名古屋にトンボ帰り!途中の山道が紅葉してて綺麗🍁やはり桜と紅葉、温泉は日本がナンバーワンだ(*゚▽゚)ノ

f:id:neojaken:20181112173451j:image

紅葉見ながらドライブ最高🚗💨

 

ドライブを終えて夜は栄でJ-Friendsと飲みます!多分一年ぶりに帰って来たぞ(^з^)-☆

お店は「とと丸」さん。まぐろの色んな部位が食べられて、それがめちゃくちゃ美味いお店♫

まずは本日おすすめ、カマトロの刺身

f:id:neojaken:20181112173620j:image

カマトロはまぐろのエラの部分で、一匹から二つしか取れない希少な部位らしいですよ。三角形の形が鎌の刃に似てるから「カマ」なんだって。大トロより脂っこくなくて口に入れるととろけてしまうやーつ( ´ ▽ ` )

次はハーモニカの塩焼き

f:id:neojaken:20181112173651j:image

ハーモニカは背ビレの下の部分でヒラメやカレイでいうエンガワだそうです。名前の由来は断面がハーモニカに見えるから。骨と骨の間に身が詰まってます。初めて食べたけど脂が乗ってて美味しい♫一瞬で骨だけにしてやりました(笑)。これで420円なんてありえへん∑(゚Д゚)

お次は大アサリ

f:id:neojaken:20181112173614j:image

どこかの島で大アサリ丼を食べたけどそれがもう美味いこと美味いこと♫ここの大アサリも美味い!汁まで美味い!アオサとのコンボはあまりの美味さに失神しかけました(・ω・)

忘れてたけどお酒は日本酒です。鳳凰美田純米吟醸!フルーティでスッキリした味わい。やっぱり和食には日本酒ですな( ´ ▽ ` )

f:id:neojaken:20181112173640j:image

タコしゃぶ〜!予約優先らしいけど食べられました。

f:id:neojaken:20181112173632j:image

お出汁は生アオサや野菜やきのこ。これだけでも美味いに決まってる!こいつにストレートに伸びたタコを〜…

f:id:neojaken:20181112173644j:image

しゃぶしゃぶ〜!!!

f:id:neojaken:20181112173628j:image

ぎゃああぁぁ〜、美味いぃぃ!!ぷりっぷりのタコとアオサは殺人的な美味さ(°▽°) お腹空いていれば締めの雑炊もできます!

最後はデザート代わりにネギトロ巻き

f:id:neojaken:20181112173636j:image

大変美味しゅうございましたヽ(´▽`)/

美味しい上にまぐろの勉強も出来てしまう「とと丸」!ここにはまだまだまぐろの美味しい品物があります。全部食べたいなー。次は胃袋を二個持って来ます。

 

松本 りんごバル

2018年11月9日

何回も帰りすぎて全く懐かしくもない松本にまた帰って参りました( ̄^ ̄)ゞ そしてそんなに懐かしくない愉快な仲間たちと、私の要望でシードルが飲めるお店へ!

f:id:neojaken:20181110184710j:image

ここがお店、りんごバル🍎シードルは県内一の品揃えを誇るらしいですよ。

f:id:neojaken:20181110185346j:image

テーブルには巨大りんごが鎮座してます。

メニューの写真を撮り忘れたけど、国産のシードルが5種類くらい、外国産も5種類ほどあって、フランスやスペインのシードルがありました!確か(*´∇`*)

早速シードルを頼みます。国産のはアルコール度が7〜8%あって意外と高い!

さぁ、みんなは何を飲むのかな?って期待してたら、みんなビール頼んでたよ(´⊙ω⊙`)

 

色んなシードル飲んだけど写真撮るの忘れてた(笑)!

f:id:neojaken:20181110185429j:image

これはフランス産のシードル!ちょっと炭酸弱いけど味はこんなもんよ!

f:id:neojaken:20181110191823j:image

そしてこれはまし野ワイナリー!かなりbrutで大人なシードルですね。

ピッツァです!鍋敷きもりんごになってます🍎

f:id:neojaken:20181110191834j:image

シードルといえばガレット!でもこのお店はカレー推しなのでカレーを食べました!そしてまた写真は忘れちまった(´・ω・`)

最後に珍しいリキュールがあったのでこれが唯一の収穫!

f:id:neojaken:20181111063212j:image

LE BIRLOU(ル ビルル)!これは知らなんだ(´ω`) りんごと栗リキュールらしくかなり甘口で大学生に人気ありそう(笑)!ほのかに栗の甘みが出てて牛乳割りも絶品!お口直しのデザートカクテルにちょうど良いのではないでしょうか⁉︎

 

愉快な仲間たちが楽しいおかげで大事な写真を撮り忘れまくりました!これは今後の反省材料…orz

おうちカクテル〜No.7〜「Champion de France」

2018年11月8日

今日はおよそ80年前のシャトー・ラトゥール飲みました!とっても酸っぱいのね。でも香りはとっても芳香。複雑で今まで嗅いだことのないワインの香りでした。

さてそんなフランスを思い出した今日は「Champion de France」🇫🇷

 

〜材料〜

グレナデンシロップ

・ホワイトラム

・ブルーキュラソー

・シュガーシロップ

f:id:neojaken:20181108234828j:image

この材料でトリコロールを再現するカクテルですねー!では早速作ります。

1. グレナデンシロップを注ぐ

f:id:neojaken:20181108235002j:image

これは簡単♫

2. ホワイトラムにシュガーシロップを加え、グレナデンシロップの上に浮かべる

f:id:neojaken:20181108235100j:image

ここ、結構大変(笑)!普通にホワイトラムを使うとブルーキュラソーの方が比重が重いからトリコロールの色の順番が変わっちゃう!なのでホワイトラムにシュガーシロップを加えてブルーキュラソーより重くしてグレナデンシロップの上にフロートします。

3. ブルーキュラソーを浮かべる

f:id:neojaken:20181108235440j:image

おおお、ちょっと混ざった(´・ω・`)

f:id:neojaken:20181108235506j:image

完成〜( ´ ▽ ` )ノ

 

そこそこ綺麗にできたんじゃないかね〜。味はものすごい糖分(笑)。見た目重視の一杯(笑)!これを飲んでフランスに戻った気分を味わうか(*´∀`)♪

おうちカクテル〜No.6〜「Black lady」

2018年11月7日

ちょっと家具を買いにIKEAまで行った時の話。車で40分かけてIKEAの駐車場に着き、ここで恐ろしいことに気付く(おふっ、財布忘れた…)

そして往復80分かけてIKEAにカムバック。広〜い店内を徘徊したあげく自分の気に入ったものが無い…。せっかく財布も取りに帰ったから仕方なく80円のホットドッグを一つ買って帰りました。結局3時間くらいかけて収穫は80円のホットドッグ一個!でも良いんですよ、IKEA大好きだから( ´ ▽ ` )ノ

そんなうっかり者が今日作るのは「Black lady

コアントロー、ジン、レモンジュースで作るWhite ladyの対を成す一品なんだろうか?いや、そういうことにしようo(`ω´ )o

 

〜材料〜

コアントロー 1/2

ウォッカ 1/2

・レモン 1ダッシュ

f:id:neojaken:20181108003946j:image

そんでこのレシピ、説明が極端に少ねえ∑(゚Д゚)

“Shaker et servir frais avec de la glace pilée.”

C’est tout!? うーん、わかりません(笑)。ちなみに写真も無い。まぁ多分シェークしてglace pilée(クラッシュアイス)を入れて出すんだろうな(*´∀`)♪

ということで早速、

f:id:neojaken:20181108004107j:image

シェーカーに材料入れて、

f:id:neojaken:20181108004119j:image

シェーク!

f:id:neojaken:20181108004130j:image

シェークしたら注いで、

f:id:neojaken:20181108004141j:image

完成!?うっかり大事なクラッシュアイス入れ忘れたけど、まぁいいや。

 

材料からも予想できたけどめちゃくちゃ綺麗なホワイト! Black ladyの“Black”とは一体(笑)。

味はアルコール度数(40%)の割にコアントローとレモンの爽やかさで飲みやすい!ほぼほぼホワイト・レディだけどね!

調べてみるとダークラムを使ったBlack ladyもあるようで。そっちの方がBlackなんだろうな(笑)。改めてこのカクテルブックのポテンシャルを知った一杯でした( ´ ▽ ` )

おうちカクテル〜No.5〜「フランスに置いてきたカクテル」

2018年11月5日

今日はフランスのカクテルブックからではなく、自分の中で懐かしカクテル。フランス修行中に編み出したやつを久しぶりに作りたくなってやってみた( ´ ▽ ` )

それには必須のリキュールが…日本にあるかなぁ。

 

 

あった(*゚▽゚*)

f:id:neojaken:20181105222531j:image

Mirabelle(ミラベル)!フランスのロレーヌ地方の果物でフランス人も大好きなようで!ロレーヌ地方に住んでいた時はスーパーでよく見かけました。日本では「西洋すもも」と呼ばれてるそうですが、そんなに酸っぱくなくとろけるような甘さが特徴の果物です。フランスではお菓子やジャム、お酒にも使われるようですね。

 

〜材料〜

・ゆず酒

・ミラベル酒

・ヨーグルト

・炭酸水

f:id:neojaken:20181105223845j:image

やはり日本産の材料なんであの味が再現できるか…

 

1. 炭酸水以外をシェーク

f:id:neojaken:20181105223955j:image

ヨーグルトは多めに入れちゃいます♫

2. シェークしたものをグラスに注ぐ

f:id:neojaken:20181105224055j:image

普通はシェーカーの氷は捨てますがシェーカーの氷もそのままグラスに入れます。(向井理に教えてもらった笑)

3. 炭酸水を注ぐ

f:id:neojaken:20181105224324j:image

f:id:neojaken:20181105224345j:image

ミカド(ポッキー)を添えて完成〜(・ω・)ノ

 

早速goûterしてみます…。うーん微妙に違う(笑)。全体的に味のパンチ力が無いような〜。やはり本場の材料で作らないとダメなんかな〜。やはりこれはフランスに置いてきたレシピにしよう( ´ ▽ ` )ノ 改良して日本バージョンを作るのもいいかなぁ。

映画「恋のしずく」

2018年10月31日

こんにちは、おすぎです!

ウソです。今日は「恋のしずく」という日本酒を題材にした映画を観ました〜( ´ ▽ ` )ノ ネタバレなしなのでご安心を。

f:id:neojaken:20181031230229j:image

超ざっくり言うと、東京の大学生の女の子が広島の酒蔵に研修に来て日本酒作りを手伝いながら恋をするお話です。これだけだと全く面白さが伝わらないですけどネタバレの加減がわからないもので(笑)!「日本酒」と「」をテーマにした作品なのかな?久々に日本の映画で観て良かったなぁと思える作品でした。ストーリーは恋愛モノに有りがちなシンプルな内容。ちなみに過去私は図書館戦争シリーズを読み、途中から恋愛要素が強すぎてなぜか読んでる自分が恥ずかしくなり最後まで読めなかったという経験があります(。・ω・。) それがトラウマで恋愛モノは苦手なんですけどこの「恋のしずく」は最後まで自分に恥ずかしくなることなく観れました!

それは置いといて、自分が感動したのは、やはり職人さん達の日本酒作りにかける想い!ちょうど今、日本酒の勉強をしたかったのでこの作品は非常に為になりました。やっぱ日本の職人ってすげぇ!そしてカッコいい!特に自分はスペインでワイン作りを経験したので、それと対比する形で日本独特の文化、昔ながらの伝統や歴史に感動しました!もちろんワインはワインで素晴らしいですよ!さらに日本酒についても酒米の稲刈りから日本酒が出来るまで描写されてるし、日本酒の飲み方や食べ物との合わせ方もちょろっと出てきて(へぇ、やってみよー)と思える場面もあります。すでに日本酒に詳しい人には物足りないかもしれませんが自分みたいな入門者には勉強になる内容でした!

 

本当はネタバレとか関係なく載せて、「どうだ、観たいだろ!」って思わせたいところだけどこんな感じの説明しかできなくてすんません(・ω・)ノ 日本酒が好きな方、興味を持ってる方には自信を持っておすすめできる作品だと思います。ちなみにこれが大杉漣さんの遺作なんだそうです。これを観たら酒蔵見学に行きたくなること間違いなーし(*゚∀゚*)

以上、おすぎでした。